萩野事務所は千葉県千葉市花見川区幕張にあります。

文字サイズ

助成金相談なら千葉県の社会保険労務士事務所にお任せください。

TEL 043-272-3081(受付時間 9:00~17:00)
TOP

正規雇用後の労務トラブルの事例

顧問先からの相談で一番多いケース
  • 履歴書、面接では好印象だった
  • 実際働いてみると、協調性がない、能力不足、上司の命令を聞かない
  • 従業員が思うように機能しない。実際、試用期間3ヶ月程度では見極められなかった
  • 売り上げに影響の恐れ
  • 解雇(退職勧奨)させたい
  • 不当解雇により問題発生

なんとかして会社を辞めさせたいが、不当解雇などの問題があり余計なトラブルは避けたい。どうすればいいか?」と顧問先の社長や人事担当者から相談を受けます。確かに一度雇ってしまうと、相当な理由がない限りは「解雇権の乱用」として問題が発生してしまう可能性が高いです(労務相談件数NO1)。試用期間を数ヶ月設けている会社が多いですが、本採用の解雇に比べ裁量範囲は広くなると考えられますが、試用期間といえども解雇は難しいです。解雇をする前に、根気よく指導を続けたのか、配置転換は行ったのか等、解雇する前に事業主が行うことはたくさんあります。裁判になると解雇問題は会社側が9割負けるといわれています。

結論から言いますと、会社はいきなり本採用するのではなく、初回の雇用契約は有期(雇用契約書にて○ヶ月の期間を定めて雇用する)とする事で、労働者も自分の持味が出せる会社なのか会社を見極る、会社は思った従業員なのか、十分機能していくのか、他の従業員と調和はとれるのか従業員を見極める事が出来ます。

BESTマッチへの近道

提案

アルバイト・パート社員又は派遣社員を正規雇用

メリット1

一定期間、契約社員・アルバイト・パート又は派遣社員として雇用(契約)し、
正規雇用(直接雇用)に切り替えるシステムとなっており、双方納得の上の正式採用となる。

メリット2

正社員として採用された場合、助成金がご利用できます。
その額、1人57万円~103万円です。

    助成金をご利用するための条件
  • 1.正社員の転換する際に固定賃金を3%上げた場合
  • 2.正規社員として労働契約を締結した場合

Contact